城を巡る旅(姫路城)

P4240022.JPG

史跡と呼ばれるもののうち、その代表的なのが城郭ではないでしょうか。

いわゆるお城の見学は私も大好きであります。

特に国宝指定の城(松本城、彦根城、犬山城、そして姫路城。)は一度は見ておきたいと常に願っています。

2007年5月に私は大阪を中心に2泊3日の旅行をしました。姫路城にはその時3時間ほど立ち寄ったわけです。世界遺産にも登録された安土桃山時代後期の代表的な城郭建築を以前からぜひ見学したいと思ってたのです。

姫路駅に降り立ちますと、正面に姫路城が遠望できます。ちょっと仙台の駅前に似ていると思いました。(日本の駅前ってどこも似たり寄ったりなのかもしれませんがw。)

P4240017.JPG

歩いてもそれ程遠い距離ではありませんが、ここは無料のレンタル自転車を駅で借りるととても便利です。

商店街にはやたらと世界遺産の文字が見えます。世界遺産に登録されるという事はとても素晴らしい事だと思いますが、一方で世界中から観光客が訪れるという経済効果を狙っての登録推進が昨今問題視されてます。私は世界遺産であろうが無かろうが、その史跡が積み重ねてきた歴史が一番大切だと思うのです。史跡自体の価値を決めているのも、やはり歴史があるからこそではないでしょうか。

さて、城郭に近づくと五層の大天守とそれに連立する三層の小天守群が目の前に大きくそびえています。左手にはその連立天守より一段低い場所に西の丸の白亜の渡櫓が木々の緑の上に見ることが出来ます。西の丸が鷺山に建てられてる事と丁度白鷺が翼を広げた姿に模して、この城を白鷺城とも呼ばしめてる美しい景観が展開しています。

南側の大手門から多くの観光客が入場していたので、私は一度内堀をぐるりと一周した後に東側の搦め手門より天守を目指しました。

この姫路城の特筆すべき点の一つが多くの廓が当時のまま残され、又は復元されている処だと思います。普通私達がお城と呼んでいるもののほとんどが天守閣の事で、本来城とは内堀に囲まれた本丸、二の丸、三の丸ぐらいまでの政治、軍事の拠点であり、いざ戦時には出陣すべき家臣団の生活空間が存在する国家の中心的区画の事です。

ところが明治維新以降、多くの城郭が不要の存在となり必要のない廓はお役所や軍の施設にとって代わってしまった為に破却され、近代になり街のシンボルとしては天守閣ぐらいしか復元出来ないというのが、現在の日本の現実です。

それ故にこの姫路城は内堀内の廓の全てが当時のままの形で私達が目にする事が出来るという稀有な存在なわけです。もちろん、築城当時には今より遥かに多い隅櫓や渡櫓が存在していました。それらはこれから少しづつ復元して欲しいと願うものです。

P4240028.JPG

敵の侵入を阻む為に工夫されているお城ですが、現代人の私には急な石段や迷路のように張り巡らされた回櫓を巡るのは中々きついですw。

駅から遠望した時はそれ程高い場所にあるとは思えなかったのですが、いやいやとんでもない。姫山に築かれた丘山城です。天守閣の頂上から姫路市内を見下ろすと瀬戸内海まで見渡せてとても気持ち良かったです。(城の視界を遮るような高層建築物もなく、保存に尽力されている方々には本当に感謝です。)

豊臣秀吉が入城した時は毛利氏攻略の拠点となり、関が原以降は徳川幕府の西の守りを果たした姫路城。一度も実戦を経験しなかったとはいえ、戦国時代を生き抜いた凄みを感じずにはいられませんでした。

駆け足で見学した最後は、西側にある元は武家屋敷であった好古園で人気の穴子弁当を食べて姫路を後にしました。

P4240031.JPG

error: Content is protected !!