支倉六右衛門常長 月ノ浦より出ずる 

宮城県牡鹿半島の先端にある金華山(山といっても島なんです。)に一番近い岬までは仙台から車で2時間程で行けるドライビングスポットです。特に御番所公園(伊達藩が外国船を監視するために設けた監視所が復元されている。)から望む金華山はとても見晴らしが良いです。

女川から行くコバルトラインではなく、南側の渡波側から行くコースの途中に月浦という小さな漁港があり、そこを見下ろす高台の公園に支倉六右衛門常長の銅像があります。

その場所を訪れていた頃は支倉常長を詳しく知らなかった為、あまり興味を持っていませんでした。月浦から帆船サン・ファン・バウティスタ号に乗り、慶長遣欧使節としてローマ法王に親書を届けに行った程度です。

しかし、その後遠藤周作著「侍」に感動した事をきっかけに、詳しく知りたいと思う様になった次第なんです。

小説「侍」は史実に沿った物語ですが、特に主人公の心情に関しては作家の創作テーマを強く感じました。ですが、旅の途中で残してきた故郷や家族の事を度々思い出すあたりには実際の常長もこうではなかったのかと思えるリアリティがありました。

7年という長い旅の果てに帰国した常長を待っていたのは厳しい日本の禁教令でした。藩主伊達政宗の後ろ楯となっていたと思われる徳川家康もすでに亡く、日本は鎖国への道を進み始めていたのです。

そのため旅の目的であった通商交渉も失敗に終わっただけでなく、彼の苦難の冒険の事実も持ち帰った資料も全て闇に消える事になってしまいました。

ですが・・・・・、歴史というものは本当に不思議なものです。その常長が再び歴史に登場する機会が巡ってくるのですから。

それは明治六年(1873)岩倉具視率いる遣欧使節がヴェネチアの古文書館を訪問した際の事です。そこでイタリア側から常長の1616年2月24日付けの署名花押入りの文書を見せられた一行は仰天したということです。岩倉はおろかなんと随行していた歴史学者でさえ常長の存在どころか、伊達藩が西欧に使者を派遣していた事を知らなかったというのですから。

その3年後明治天皇が東北地方を巡行し宮城県博覧会でその260年間封印されていた慶長遣欧使節の関係資料を天覧されました。この事は新聞によって全国に知れ渡り、慶長遣欧使節支倉常長の存在が歴史の表舞台に登場する事になったのです。

岩倉具視はこれを当時の日本が西欧列強に対して追いつこうとする国威高揚のプロパガンダとして利用したのです。慶長遣欧使節を明治の文明開化に先立つヨーロッパとの文化交流として位置づけたわけです。更に政府が促進していた農村の次男三男を海外の未開拓地への移住政策の起爆剤ともしたのです。

封印されていた資料の中に現地で描かれた常長の肖像画がありました。それは侍を描いた最古の油絵である事から現在国宝に指定され仙台市博物館に保存されています。私も鑑賞した事があるのですが、手を合わせキリストに祈る常長の姿が描かれています。非常に穏やかな表情で侍というより神父のように見えます。されど、画には大きく十字に傷が入っていました。これはこの画を禁ずるものとして折りたたんでしまわれていた事を意味するのだと思います。

理由はともかくこうして歴史の闇に葬られていた常長の存在が、陽の目を見たのは良かった事だと思います。けど、彼にとっては藩主伊達政宗の命に従ったまでの事。これは常長だけではなく全ての禄を汲む侍に当てはまる事でしょう。自分の使命に意味があるかないかは関係ない、されどその行為に対しては自分が責任を取らなければならない。厳しい立場にあったと察する事が出来ます。(常長の死後、息子の常頼がキリシタンをかくまっていた事から処刑されお家断絶となります。寛文八年(1668)に再興。藩としても伊達政宗の意向から起きた事が起因する断絶だったために内心じくじたる思いがあったという事です。)

そういう意味では当時の侍達が如何に悲劇的であったかを痛感します。私は常長の銅像をはじめ関係資料を目にする度にこうした想い(「侍」の六右衛門の常に自分は捨石なのだと自覚しながらも、不安の中で旅をする家来達を鼓舞し続ける姿とだぶります。)にとらわれがちです。

ですが、常長の冒険が無意味であったとは決して思いません。江戸時代初期の日本の情勢や技術力から東北の一大名の使節が自前の西洋式帆船でローマ法王に親書を直に渡しに行くなんて偉業以外に形容の言葉はありません。

彼の業績は月浦から少し西に行った場所に復元されたサン・ファン・バウティスタ号が保存されているサン・ファン館で詳しく知る事が出来ます。(太平洋の危険な航海を擬似体験できるアトラクション等もあります。)

現在の月浦も当時と同じように波の静かな佇まいを見せています。またいつかドライブも兼ねて行って見たいと思っています。

*2018年6月9日画像を追加しました。

コメント

  1. 雪洞 より:

    こんばんは(^^)
    ブログに遊びに来ていただいてありがとうございます!
    金華山の過去ログはかなり前なのに、本当に嬉しいです♪
    この時は金華山が目的だったので、宮城県慶長使節船ミュージアムや
    支倉六右衛門常長の銅像は通過してしまいました(^^;
    こちらからだと遠すぎて、いろいろな所を周れないのが辛い所です(T^T)
    また遊びに来ますね♪

  2. Yubarimelon より:

    雪洞さん、こんばんわー。
    こちらこそblog訪問ありがとうございます。
    実は私は金華山までは行った事がないのです。いつも岬まで行って眺めるだけだったので、勉強させていただきました。
    又読ませていただきます。

  3. magnoria より:

    支倉常長出帆の地 宮城県石巻市月ノ浦

     宮城県石巻市南東部の海岸には伊達正宗が派遣した慶長遣欧使節・支倉常長(1571ー1622)がイタリアに向けて出帆した月ノ浦がある。支倉常長は慶長18年9月15日(1613年10月28日)、一行180余人とともに月ノ浦を出帆、メキシコ経由で渡欧、マドリッドでスペイン国王フェリペ3世に、ローマでは法王パウロ5世に謁見し、7年後の1620年9月23日に帰国した。石巻市は常長が入港したイタリアのチヴィタヴェキアと姉妹都市の提携を結んでいる。
    http://yubarimelon.blog.so

error: Content is protected !!