桐生六郎は不忠の臣か?

前回のblogを書くため、以前から集めておいた資料を読み直したり、サイトを調べたりと。随分時間も掛けた事ですから、桐生氏の歴史についてもう少しまとめてみようと思います。

桐生氏の名が初めて文献に登場するのは「平家物語」「源平盛衰記」です。しかし、前桐生氏の歴史のあらましを知るには鎌倉時代に編纂された「吾妻鏡」による処が大きいです。「吾妻鏡」自体は北条氏によって書かれたものですから、時に鎌倉幕府の都合の良い内容に偏ってる為、一級の資料とは扱われてません。

地名に関してはそれよりも以前からあったようです。あくまで伝承の域を出ませんが、霧の発生しやすい場所だったので「霧生」から派生したとか、桐の木が多く分布していた為とも伝えられています。

さて、「吾妻鏡」に記されている桐生氏(六郎)の箇所はそれ程多くはありませんので、肝になる部分を最初に抜き出してみると、

養和元年(1181)九月十三日:和田の次郎義茂が飛脚、下野の国より参る。申して云く、義茂未到の以前、俊綱専一の者桐生の六郎、隠れ忠を顕わさんが為、主人を斬りて深山に籠もる。捜し求めるの処、御使いの由を聞き、始めて陣内に入来す。但し彼の首に於いては、持参すべしと称しこれを出し渡さず。何様に計らい沙汰すべしやと。仰せに云く、早くその首を持参すべきの旨下知せしむべしてえり。使者則ち馳せ帰ると。

同年九月十六日:桐生の六郎俊綱が首を持参す。先ず武蔵大路より、使者を梶原平三が許に立て、案内を申す。而るに鎌倉中に入れられず。直に深澤を経て、腰越に向かうべきの旨これを仰せらる。次いで実検を加えらるべきに依って、俊綱が面を見知るの者これ有るかの由尋ね仰せらる。而るに只今祇候の衆は、合眼せざるの由これを申す。爰に佐野の七郎申して云く、下河邊の四郎政義常に対面を遂ぐと。これを召さるべきかと。仍って召し仰すの間、政義実検を遂げ帰参せしむ。申して云く、首を刎ねて後日数を経るが故、その面殊に改め変ぜしむと雖も、大略相違無しと。

同年九月十八日:桐生の六郎梶原平三を以て申して云く、この賞に依って御家人に列すべしと。而るに譜第の主人を誅すこと、造意の企て尤も不当なり。一旦と雖も賞翫に足らず。早く誅すべきの由仰せらる。景時則ち俊綱が首の傍に梟けをはんぬ。次いで俊綱遺領等の事、その沙汰有り。所領に於いては収公す。妻子等に至りては、本宅・資財の安堵せしむべきの旨これを定めらる。その趣を御下文に載せ、和田の次郎が許に遣わさると。下す 和田の次郎義茂が所俊綱の子息郎従たりと雖も、御方に参向する輩を罰すべからざる事 右子息兄弟と云い、郎従眷属と云い、桐生の者を始めとして、御方に落ち参るに於いては、殺害に及ぶべからず。また件の党類等が妻子眷属並びに私宅等、損亡を取るべからざるの旨、仰せらるる所下知件の如し。      治承五年九月十八日

簡単に要約しますと、下野国に勢力を持つ藤原姓足利俊綱(平氏方)を主君とする桐生六郎は、平家討伐の挙兵をした源頼朝の軍に対して主人俊綱を斬ったので、その首を頼朝に持参し恩賞として御家人として取り計らって欲しいと申し出ます。頼朝は譜代の臣が主人を斬るとはいささかの賞にも値しないと六郎の首も刎ね、俊綱と六郎の首を共に晒したという内容です。

自分に縁の深い人物が歴史に初めて登場したというのに、いきなり逆臣の汚名を着るというのはかなり心痛い思いがありますが、これは仕方ない事です。

ですが、私としては桐生六郎を逆臣と断定する前にもう少し掘り下げてみたいと思います。

この他に六郎の名は「平家物語」「源平盛衰記」の以仁王挙兵の中で治承四年(1180)五月二十六日の宇治川の橋合戦に足利俊綱に従い参じた事が出ています。また、その合戦で嫡男足利忠綱の陣にて先陣の功を受け賜り、その恩賞として桐生入部を許されたと日枝神社の「社伝由緒」には記されています。

この記述から六郎が桐生に拠点を構えたのは、少なくとも治承四年五月二十六日以降という事になります。(あるいはそれ以前から居は構えていたが正式に桐生を治める士として認められた。)その次の記録は再び「吾妻鏡」治承五年(1181、7月14日養和に改元)二月二十五日の項に野木宮の合戦に敗北した忠綱を説得して九州に落ち延びさせたとあります。

PB120131.JPG

PB120128.JPG

『桐生六郎が入部した際に構えた梅原館址。現在も土塁が史跡に指定され残っています。』

以上が桐生六郎の歴史書における全てです。もし六郎が足利俊綱に見切りをつけて源氏に寝返ろうと思うようになったのであるなら、忠綱を九州に落ちるよう説得した後だったに違いありません。平清盛がこの年の二月に没しています。西国ではまだまだ平家の力が強かったとはいえ、東国ではすでに挙兵した頼朝の勢いが勝っているようでした。情勢としては平家は追い詰められていたと言えるでしょう。それでも足利俊綱は徹底抗戦しようとした。このまま戦えば一族が滅亡するような状況で、六郎が平家に見切りをつけたのも無理はないかもしれません。主君への返り忠など、当時も今も日本人のモラルの中で最も蔑むべき事の一つであるにもかかわらず。

現存する記録だけから判断すれば、私も六郎が源氏に寝返った不忠の臣であるのも仕方ないと納得するしかなかったと思います。ですが、「吾妻鏡」を素直に受け入れるのには疑問を呈す資料も存在しています。一つ目が郷土史家清水義男氏が著した「ふるさと桐生の民話 第3集」に収められている「桐生六郎の思案」という昔話です。

この民話は400字詰原稿用紙6枚程の量で、書籍に収蔵される前は新聞に掲載されたものだそうです。その内容は、三浦義茂率いる源氏の軍勢が足利氏に攻めかかろうという時、主君俊綱は郎党の六郎に自分の首を刎ねた後、それを頼朝に持参し、首実験で近くに召しだされた機会に頼朝を暗殺するよう命令します。自分の主人の首を刎ねる事にもためらいを見せる六郎ですが、藤姓足利氏が生きのびる最後の手段はこれしかないと俊綱に促されてしまいます。そして、主人の首を抱えて義茂の陣に向かう途中、自分が行った行為が本当に良かった事なのか、更に頼朝を自分が討てるのか思案にくれるという内容です。話の結末は六郎の未来が歴史の通り、破滅に向かっている事を暗示して締めくくっています。

これを初めて読んだ時は、地元びいきの伝承とういう印象しか持てませんでした。「吾妻鏡」によれば足利俊綱に対して頼朝は何度か源氏に寝返るよう和平工作をしています。にもかかわらず、徹底抗戦を選んだ俊綱でしたが、野木宮の戦で形勢が180度変わってしまった為、藤姓足利氏が滅ぶのであるなら、その報復として六郎に頼朝暗殺の命を下したのでしょうか?前述の通り、当時も主殺しの汚名は一生消えません。故に六郎自身も自分の功利の為だけに俊綱を斬ったというのは考え難い話なんですが。(生存のため、目の前の事しか見えなくなるぐらい冷静さを失っていたなら話は別ですが。)何分にも資料が少ないゆえ、疑問から起きる想像だけは大きく膨らんでしまうのです。

PB120134.JPG

『民話の中で六郎が思案に暮れたという塩之宮神社。境内には伝承についての碑文等は見当たらない。』

更に、もう一つだけ注目すべき資料がありました。それは同じく郷土史家の大瀬祐太氏が著した「桐生六郎の周辺 ~『吾妻鏡』における或る逆臣の正当性について~」です。この文献に関しては考察すべき点がまだかなりあるので、次回以降に書きたいと思います。

最後に、結果だけから見れば六郎が俊綱の首を持参した事で戦は避けられたのです。又、不忠の臣として斬られた六郎と足利氏の一族に対してはお咎めなしの採決が下されています。俊綱の死を六郎一人の不忠として決着をつけ、所領の没収のみを行い一族の安泰(住居の破壊も行わない。)を図る事で藤姓足利氏の頼朝に対する敵意を削いだ形にしたとも考えられるわけです。

つまり、六郎が平氏を見限り主君に対して返り忠を行ったのであろうと、俊綱が頼朝暗殺の為に自ら首を持参するよう六郎に命令したのであろうと、歴史的に桐生六郎自らも処刑された事で一族を救った事実にはかわりはないわけです。地元の人にしてみれば、桐生の歴史上初めて登場した人物に対して心情的には後者の方が遥かに受け入れ易かったに違いありません。

六郎自身が頼朝に処刑される事を予期していなかったとしても、私は彼が逆臣の名を背負いながらも一族を救った士としては評価したいと思います。なぜなら、後桐生氏が登場する南北朝期までの200年近い間にも桐生という地名だけは残されていたわけですから。

error: Content is protected !!