適々斎塾

P4250040.JPG

お正月から始まった新番組で若き日の緒方洪庵の活躍を描いたドラマが放送されているそうです。

私自身はドラマもその原作も一切不勉強なのですが、あえて一言述べるなら、

「とうとう緒方洪庵までドラマの主役に引っ張り出されたのですね~。」と、これが率直な感想であります。

それでも、大阪今橋にある適塾を見学した時の感動は今も忘れません。

オフィス街のまん中にある塾の遺構は江戸時代にタイムスリップでもしたかのような錯覚を覚えます。
よくも、この小さな家屋が戦災を逃れて今日まで当時のままの姿を見せてくれるとは、保存に尽力した方々にも頭が下がります。

さて、適塾の見学ルートは入り口から玄関に入るとすぐに塾生達が蘭書の会読を行っていた教室が二間あります。そこから中庭の淵を渡りながら緒方洪庵と家族が生活していた居住スペースへと続きます。書斎、応接室、客座敷、そして納戸がそのほとんどを占めてしまっているので、家族はとても狭い一部屋で暮らしていた事がわかります。ここに洪庵が家族の犠牲を強いながらも、如何に教育に力を尽くしていたかという事をうかがい知ることが出来ます。(注1)

P4250042.JPG

『2階大部屋から見る緒方家母屋。』

中庭の反対側には家族と塾生が共同で使用していたと思われる台所があり、そこから2階に上がると女中さんの部屋、そして塾で一冊しかない蘭和辞書が置かれていたヅーフ部屋、その奥に塾生達の大部屋があるといった構成になっています。(注2)

当時全ての塾生が泊り込んでいたのかは判りませんが、洪庵の家族共々随分窮屈だったであろうと見学しながら思いました。もっとも当時の人達と現代の私達とでは個人が部屋を占有するという感覚には天と地ほどの差があったでしょうが。

緒方洪庵という人は天然痘の予防のために種痘所を作り、九州から北陸における病気の蔓延を防ぐ事に力を尽くした事や死の前年の文久2年(1862)に幕府の奥医師兼西洋医学所頭取に召しだされた等から医術の人と思われがちです。事実医者である事に間違いはないわけですが、洪庵自身が目指したものは医術により病の人を治療すると同時に、洋学研究者として外国の新しい技術を鎖国によって立ち遅れた日本に広く紹介したいという事だったのではと私は思います。

それは適塾の創設もそうですが、塾生達への教育方法にも現れています。

塾での学習のメインは蘭学書の会読だったそうなので、前述した蘭和辞書ヅーフ本を塾生達が奪い合うように勉強したという事です。この辞書が置かれていたヅーフ部屋は女中部屋と大部屋の間にはさまれたとても狭い一室です。この書でしか予習や復習をはじめ、その他の蘭学書を理解する事が出来ないわけですから、小さな一部屋でそれは目をギラギラさせて勉強する塾生達の姿が想像できます。福澤諭吉は当時を「凡そ勉強ということについてはこのうえにしようもないほどに勉強した」と回想しています。

このように、教育を単に与えるといった方法ではなく、西洋への好奇心旺盛な塾生達が得たい知識を自らの力で得ようと努力させた事が後に大きな成果を挙げたと思われます。

この塾から卒業していった人達の進んだ道が決して医学だけではなく、大村益次郎のように陸軍の創設や橋本左内のように政治活動、そして福澤諭吉であれば教育に力を注いだように多岐にわたるのは、おそらくこのヅーフ部屋で喧嘩腰になりながらも、知りたい知識を自らで得なければならないという環境に置かれたことで、やがて自分に出来る事は何なのか、何をすべきなのかに気づく事が出来たからではないでしょうか。現代の私達から見れば、ある意味それはとても幸運な事であったに違いありません。

私は現在の教育に関して意見を述べる立場にはありませんが、少なくとも教科書や先生からの一方的な方法だけでなく、生徒が学びたい事を自ら求めるような教え方も他方で大切なのではと考えます。

大阪には天下に名立たる大阪城という史跡がありますが、それに負けず劣らず小さな適塾での見学は素晴しい時間を持てたと思います。

P4250041.JPG

天井が低く、息が詰まりそうなヅーフ部屋で洪庵の業績と塾生達に思いをめぐらせていたら、この部屋に明治の日本が羽ばたいた出発点があったと私には確信出来ました。

注1:それでもトイレだけは家族用のが別に用意されていました。

注2:ヅーフは長崎オランダ商館館長で、彼が蘭仏辞書を翻訳した蘭和辞書をそう呼んだ。当時は極めて貴重で適塾にも1冊しかなかった。

コメント

  1. もく。 より:

    nice!の押し逃げ失礼しました。
    緒方洪庵でなくて申し訳ないのですが、大阪城というのは
    中にエレベーターがあると聞きました。
    これって本当ですか?

  2. Yubarimelon より:

    もくさん、nice!とコメントありがとうございます。
    ご質問の件ですが、現在の大阪城天守閣の中にはエレベーターが確かにあります。
    昭和に復興された天守閣は史跡というより博物館そのものです。外見は五層ですが、閣内は8階建てになっています。階段はとても急で私のようにこれを登りながら見学してしまうと大変疲れる事になりますw。

  3. もく。 より:

    Yubarimelon さん
    エレベーターがあるとのこと。
    了解しました。
    なんか城というよりも、城の形をしたビルディングですね。
     ところで私は、愛媛の松山に子供のころ住んでいたこともあり
    松山城によく登りました。
    昨年、30年ぶりに天守閣に登ってみました。
    当然エレベーターは無く、急な階段を登りました。
    エレベーターがある城ってなんかピンとこないですね。

  4. Yubarimelon より:

    愛媛は「坂の上の雲」の放送が予定されてますから今年は注目されることでしょう。
    私もいつかは行って見たい場所のひとつです。

error: Content is protected !!