清水寺 坂上田村麻呂坐像99年振りの公開前に法要

京都市清水寺で28日、寺の創建にゆかりの深い坂上田村麻呂の坐像が99年ぶりに公開されるのに先立ち、御開帳法要が営まれた。一般公開は3月1日~5月31日。(2009.2.28YomiuriOnline)

延暦24年(805)に坂上田村麻呂が現在の清水寺の土地を賜り、その5年後に朝廷公認の寺院として認められたというのは史実です。つまり、それ以前の創建に関しては「今昔物語」に書かれてるような伝承として残っているだけのようです。坐像の公開は来年が坂上田村麻呂の一千二百年御遠忌にあたるからだそうです。

コメント

  1. sig より:

    大変申し訳ありません。昨年9月においでいただいていたんですね。
    押し付けがましくてすみませんでした。
    歴史に「もしも」はないといいますが、他の事件などでも「もしも」を言ってみたいことがたくさんありますよね。
    坂上田村麻呂は征夷大将軍として東北にもたくさんの足跡を残しているようですが、どこか親しみを感じます。
    わざわざお越し頂き、ありがとうございました。

  2. Yubarimelon より:

    sigさん、nice!とコメントありがとうございます。
    押し付けがましいなんて、私がコメントを最初からつけていれば良かったのですから。
    また読ませて頂きます。私のblogにも遊びに来て下さい。

error: Content is protected !!