一休さんの坐像修復を終える

滋賀県守山市矢島町の少林寺に伝わり、室町時代の禅僧・一休宗純(1393-1481)の姿を彫ったといわれる同時代の「一休和尚坐像」(市指定文化財)がこのほど修復を終え、2年ぶりに同寺に戻された。 (2009.3.3京都新聞)

一休さんというとアニメのクリクリ坊主を思い浮かべてしまうのですが、以前タレントの加藤茶さんが日本史サスペンス劇場で演じていたのを見て、これが重文である一休和尚像と実に良く似ているではありませんか。見れば見るほど良く似ているので、それ以来私の中では一休さんといえば加藤茶さんを思い浮かべることになってしまったわけです。

ちなみに先日書いた大徳寺は応仁の乱(応仁元年~文明9年 1467-1477)で被災・荒廃しましたが、一休さんが堺の豪商らの協力を得て復興させたのです。

コメント

  1. Yubarimelon より:

    takemoviesさん、xml_xslさんnice!をありがとうございます。

error: Content is protected !!