茨城桜川 吉野の桜を再び

茨城県桜川市では江戸時代の農政家二宮尊徳が植えた青木堰の吉野桜の復活に向けて、地元住民で桜植樹実行委員会を立ち上げた。(2009.3.7YomiuriOnline)

「徳を以て徳に報う」、青木堰工事の締めくくりに桜を植樹した二宮尊徳は村の人が毎年桜を観るたびに「至誠、勤労、分度、推譲」という教えを思い出してほしかったのではないでしょうか。故あって過去に伐採されてしまった桜をこうして復活させることは、尊徳への徳に報う一つであると思います。

コメント

  1. Fumiko より:

    「至誠、勤労、分度、推譲」
    しみじみと、良いことばですね。

  2. Yubarimelon より:

    Fumikoさん、xml_xslさん、takemoviesさん、nice!をありがとうございます。
    Fumikoさん、コメントありがとうございます。特に最後の推譲というのが二宮尊徳らしい言葉だと私は思っています。また、遊びに来てください。

error: Content is protected !!