大河ドラマの主役を信州から

長野県にゆかりの歴史的人物をNHK大河ドラマの主人公にと要望する声が、県内で高まっている。徳川将軍家を支えた保科正之と、平安時代の武将・木曽義仲。実現を目指す関係者が期待しているのは、ドラマの副次的効果である観光産業への経済波及であるという。 (2009.3.10YomiuriOnline)

以前私は直江兼続を大河の主人公に推す会が苦節10数年で実を結んだというblogを書きました。当時、会を結成した方々は郷土の歴史を愛する人達が中心で、自分達の尊敬する人物を全国に知って貰いたいというのが一番の理由だったと思われます。もちろん、ドラマの副産物として観光誘致も期待できるということを考えなかったとは言いません。ただ、今回の長野県のように最初に経済効果ありきというのはどうなんでしょう。村井知事自身も「『風林火山』の効果は大きかった。(木曽義仲でも保科正之でも)どんどんやってもらえるといい。」と話している。

たしかに、保科正之も木曽義仲も大いに取上げてほしい歴史的人物であることは間違いありません。義仲を主人公にするのであれば、頼朝に敵対し、京の都を蹂躙するドラマ平家物語だけの義仲像でない、妻子を愛するがゆえに心に痛みを持つ武将という立場で描いてほしいと願うばかりです。

私は長野県から大河の主人公を推すのは大いに結構なことだと思います。ですが、何より県民の方々が自分達の郷土の人物を全国に知ってほしいという想いの力を大切にしてほしいと思います。ドラマが終わった後も永く語り継がれる歴史への想いを大切にしてほしいと願います。あくまで私の個人的な理想論ではありますが。

もし、私が長野の人でしたら何より一番に推す人物は真田昌幸・信繁です。信州の小さな領主からやがて戦国大名となり天下の徳川家康とも堂々と渡り合った歴史は、長野の人達にとっても誇りに思えるものだと思うのです。もっとも、NHKでは、「真田太平記」を以前に放送してはいるんですよね。

コメント

  1. Yubarimelon より:

    yasu_aさん、shinさん、xml_xslさん、takemoviesさん、nice!をありがとうございます。

  2. Fumiko より:

    ワクワクしますね、こういうお話!
    ご当地ヒーローは、私の胸の中にもいますから(^^)

  3. Yubarimelon より:

    Fumikoさん、nice!とコメントありがとうございます。
    誰にでも取上げてほしい人物っていますよね。

error: Content is protected !!