和泉守兼定 過去に二代目之定が懸賞の景品になったことが!

古本屋で古書をパラパラめくっていると、今では考えられないような記事に出会う事があります。先日、徳間書店が昭和40年に刊行した全集「日本の戦史」にたまたま付随していた小冊子(著名な方の本書への添え書きや今後の刊行予定などを記した簡素な印刷物)を見て私は目を疑ってしまいました。

この全集の愛読者サービスとして特別貴重刀剣の和泉守兼定ニ尺五寸五分を抽選で一名にプレゼントするという内容だったのです。しかも、それが二代目兼定いわゆる之定(のさだ)の最上大業物をです。私は本書そっちのけで、小冊子ばかりに何度も目を通してしまいました。

小冊子3.JPG

小冊子1.JPG

小冊子2.JPG

「和泉守兼定」とくれば、真っ先に思い浮かぶのが新選組副長土方歳三の愛刀でしょう。司馬遼太郎作「燃えよ剣」ではこの二代目之定が剣士としてのキャラクターを決定づける重要アイテムとして活躍するわけです。しかし、実際歳三が佩びていた大刀は会津藩お抱えの十一代兼定の作であります。

小説の中でも数が少なく高額な刀であるという設定でしたが、仮に現在の市場に之定が売りに出された場合1000万円より下の値は付かないということらしいです。今から40年近く前でも、相当なものであったことは想像できます。貴重刀剣と小冊子にも書かれてますけど、徳間書店さんも随分思い切ったことをしたものだなと感心してしまいました。

もっとも、その背景には日本の高度経済成長による出版界の「全集ブーム」があったのはいうまでもありません。一例を挙げれば、昭和37年に河出書房が「豪華版世界文学全集」を、講談社は昭和39年に「山田風太郎忍法全集」、中央公論社は昭和38年に「世界の歴史」(全16巻)と「日本の文学」(全80巻)、そして昭和40年に出版された「日本の歴史」(全26巻)により歴史書ブームが到来したということです。各出版社は争うように全集企画をスタートさせ販売競争を展開しましたが、いずれも販売は好調だったということです。

今では考えにくい話ですが、書籍を出せば売れたという良い時代だったというのがよく判ります。それゆえに出版社でも豪華なプレゼント企画で読者をひき付けようとしたのではないでしょうか。現在では法律的に日本刀をプレゼントするというのは不可能なのではと思いますが、本が売れない今だからこそ、読者をあっと言わせる企画を出版社には思いついてほしいものです。

コメント

  1. mikanchan より:

    ご訪問ありがとうございました^^
    歴史は知れば知るほど面白いですね。

  2. cjlewis より:

    活字もずいぶん変わりました。
    今や活版印刷はほぼ姿を消し、単行本ですらデジタルな時代です。
    活字好きには、なんとも寂しい時代になりましたが、カラーにしたり、写真を多く使ったり、歴史や名著を漫画にしてみたりしてますが、それでも売り上げは減る一方。。。出版社は極寒の時代です。
    せめても!と、私が望んでいるのは、なんとか儲ける術を見つけて、本当にいい本を絶版にしないでもらいたい。昔の角川書店みたいに。

  3. bamboosora より:

    歴史って、面白いですね。
    僕は学生の頃は嫌いだったんですけどね。
    でも、今ここに自分が存在する理由は? って、考えると
    なんかロマンを感じるんですよね。(漠然と・・・)
    先人たちはそれぞれの時代の中で、どんな思いで
    生き抜いてきたのか、すごく興味が沸いてきます。
    僕は読書は苦手なので、まずは映画やドラマから入るんです。
    多少の脚色はあるかもしれませんが、興味を
    持つきっかけにはなってるみたいです。

  4. sig より:

    こんばんは。
    昭和40年代もすでに、古きよき時代の仲間入りをしたようですね。W

  5. Yubarimelon より:

    mikanchanさん、コメントありがとうございます。
    またblogを拝見させていただきます。

  6. Yubarimelon より:

    cjlewisさん、コメントありがとうございます。
    読みたかった本が書店から消えているというのは寂しいことですよね。

  7. Yubarimelon より:

    bamboosoraさん、コメントありがとうございます。
    最近ではTVゲームから歴史を好きになる人も多いみたいですから、どんな切欠でも興味をもってくれる人が増えるというのは嬉しいですね。

  8. Yubarimelon より:

    sigさん、コメントありがとうございます。
    昭和40年代から現在までの40年近い時間の推移を見たとき、未来の日本の青写真が多少なりとも見えてくるのが私には怖い気がします。

  9. La_vbl_kok より:

    訪問有難うございます^^

  10. Yubarimelon より:

    La_vbl_kokさん、コメントありがとうございます。
    またblog拝見させていただきます。

  11. Yubarimelon より:

    nice!を入れていただいた皆さん、ありがとうございます。
    返答や返事が遅くなってしまうこと、ご容赦下さい。

error: Content is protected !!