円満院 国重要文化財の競売が成立

平安時代の創建とされる滋賀県大津市の円満院が国重要文化財の宸殿などの建物と名勝史跡の庭園などの土地約1万4千平方メートルが競売にかけられた問題で、売却基準価格の約7倍にあたる約10億6700万円で落札した甲賀市の宗教法人が円満院に対する債権をもとにした配当額から落札額を差し引く形で、競売が成立したことが24日、関係者への取材でわかった。(2009.8.24MSNニュース)

落札した宗教法人大岡寺は滋賀県甲賀市水口町にある天台宗の古刹である。江戸時代ここを治めていた水口藩2万石の加藤家は賤ヶ岳の七本槍で名を馳せた加藤嘉明を祖とする。その加藤家が祈願所としていた場所だ。境内には松尾芭蕉が「野ざらし紀行」で詠んだ句碑もある。

6月に円満院が上記の宸殿をはじめ、国名勝庭園を含む土地を競売にかけたニュースを取上げた時、私は大岡寺ではない別の宗教法人が落札したのではないかとblogに書きました。その後もネットで新しいニュースが出ないか注意していたのですが、結局競売が確定した今日の記事を読むまで自身の推測による誤った情報を信じてしまっていたわけです。

実際は6月に記事が出た直後に同じニュースを書いた他の方のblogの一つには大岡寺の名を挙げていたものもあり、見逃してしまっていた自分に対して大いに反省しなければと思っている次第なんです。

関連記事

円満院 重要文化財を再び競売で売却(2009.6.1)

コメント

  1. La_vbl_kok より:

    円満院は知りませんでした☆

  2. Yubarimelon より:

    La_vbl_kokさん、コメントありがとうございます。
    競売のニュースが出た時以外、名前は出ませんでしたからね。

  3. Yubarimelon より:

    nice!を入れていただいた皆さん、ありがとうございます。

error: Content is protected !!