曹操孟徳 河南省の陵墓を曹操の墓と断定、遺骨も発見

27日付中国新聞社電によると、河南省政府で文化財の保護・管理を行う部署の省文物局は同日、安陽市安陽県の安豊郷西高穴村の「曹操高陵」を、三国時代に活躍した曹操(155-220年)の墓と断定したと発表した。「曹操高陵」内部からは、60代男性のものとみられる遺骨も見つかった。(2009.12.27Yahoo Japanニュース)

作家司馬遼太郎は、中国の墳墓というのは造営が始まった瞬間から盗賊たちが盗掘用のトンネルを掘り始めると書いている。すなわち、ほとんどの墓が発掘調査を行っても盗まれた後で、空の状態であったということ。曹操ほどの歴史上の人物も例にもれず、そのように今日まで考えられてきたようだ。

今回曹操のものと断定された墓もこれまで何度も盗掘にあっていたため、保護を目的に2008年より発掘調査が行われてきた。墳墓内は700平方mもある広大なもので、発見された副葬品は259点におよぶ。中でも有力な根拠となったのが、「魏武王」と書かれた石板の存在である。生前、曹操は決して自らを帝とは称さなかった。その死後、子の曹丕が後漢献帝より禅譲を受け魏王朝を開いたことにより、「太祖武帝」を追号された。

1.jpg

『曹操の墓の有力な証拠となった魏武王と書かれた石板(左端)』

年も押し迫っての大きなニュースに驚いています。それにしても、曹操ほどの英雄の墓がこれまで確定されていなかったというほうが不思議な感じがします。前述の理由もなるほどと思いますが、死亡した期日、場所、さらには遺言なども明らかであるというのに。曹操の祖父や父の墳墓は現在、安徽省亳州に「曹操宗族墓」という歴史テーマパークとして整備されているくらいなのです。どうもそれには曹操の伝説が大いに関係しているようです。

これまで中国の巷間では、曹操の墓に関して数多くの伝説が伝わってきたそうです。中でも「七十二の偽の墓」の話は人々の関心を寄せてきた一つです。それは生前に自らの墓の盗掘を防ぐために、自分の葬儀の日の出棺時に鄴城(河南省臨漳県)の全ての城門を開き、72の棺桶を同時に事前に準備した墳墓に埋葬するという計画を曹操が立てて実行したというのです。そのため、後世の人達はどれが本物の曹操の墓であるか判らず、全てが偽の墓となってしまったとのこと。これが「七十二の偽の墓」のいわれでありますが、もちろんこれは「三国志演義」の中のフィクションであります。

しかし、知と策に長けた史実の曹操像から人々はいつしか72の偽の墓も伝説ではあるものの、案外ありえる話(あくまで噂話のレベル)として語られ続けていたかもしれません。作家の蒲松齢は「72の墓を全て掘り起こせば曹操の遺体があるだろう。しかし、その中に本物の曹操が必ず眠っていると果たして云えるだろうか?1000年後にバラバラになった骨のために、こんな詐術を用いるとは曹操とはなんと愚であろうか。」と。これは逆に取れば、曹操が機知と策略に実に優れた人物であったとも読めるわけです。それを考えると今日まで本物の墓が発見されなかったという事実は、曹操にしてみればしてやったりといったところではないでしょうか。

曹操は遺言の中で、戦時(漢中をめぐり蜀と激戦を繰り返していた)であったので喪は短く、墓には金銀を入れないようにとしたそうです。今回発見された副葬品も鉄剣や水晶の玉などが発掘されたと発表されています。

コメント

  1. gyaro より:

    こりゃすごいですね!
    25年来、三国志オタクなので刺激的な内容でした!

  2. Yubarimelon より:

    gyaroさん、コメントありがとうございます。
    三国志ファンには本当に嬉しいニュースでした。私も曹操の新事実が見つかることを願っています。

  3. fuzzy より:

    三国志演義の影響で蜀贔屓になってしまいましたが、客観的には曹操孟徳がやはり一番の英雄ですね。墳墓がやっと確定とは中国は広大で、歴史もまだまだベールに包まれており、さらに色々な発見があることを楽しみにしています。

  4. Yubarimelon より:

    fuzzyさん、コメントありがとうございます。
    今後も新たな発見があるということは、まだまだ楽しみが残されてるということなので嬉しい限りです。
    やはり、物語としての三国志は劉備や孔明が主人公の方が盛り上がるのかと思います。

  5. mwainfo より:

    今年一年本ブログを応援いただき感謝します。どうか皆様がたよいお年をお迎えください。

  6. moz より:

    三国志大好きで小説はもちろん、PCゲームもずいぶんとやりました。
    このニュースにはでも、びっくりしました。 @@;
    曹操、三国志演義では悪者ですが、英雄ですよね。

  7. Yubarimelon より:

    mwainfoさん、コメントありがとうございます。
    良いお年をお迎え下さい。

  8. Yubarimelon より:

    mozさん、コメントありがとうございます。
    大きなニュースなので私も驚きました。一部ではこれも偽の墓ではという識者もいるようです。続報に期待したいと思います。

  9. Yubarimelon より:

    niceを入れていただいた皆さん、ありがとうございます。
    良いお年をお迎え下さい。来年もよろしくお願いします。

  10. 水郷楽人 より:

    今年も大変お世話になりました。(^^)。。
    来年もよろしくお願いします。
    それではよいお年を!

  11. Yubarimelon より:

    水郷楽人さん、コメントありがとうございます。
    良いお年をお迎え下さい。来年もよろしくお願いします。

  12. 個人的には今年の最後に驚愕のビッグニュースが来た!って感じです。
    というか、「曹操どん」の墓って今まで謎だったんですね・・・。
    今年はご贔屓にしていただき、ありがとうございました。
    良いお年をお迎えください。では、また来年。

  13. Yubarimelon より:

    ミスター・ピッチサイドさん、コメントありがとうございます。
    こちらこそありがとうございました。良いお年をお迎えください。
    来年もよろしくお願いします。

  14. shin より:

    明けましてオメデトウございます!昨年は大変お世話になりました。
    本年度もどうぞ宜しくお願い致します。

  15. aya_rui より:

    ヽ(★エ∀`)ノ【。.:*・゜vv今年も宜しくvv゜・*:.。】ヽ(エ∀`☆)ノ
    明けましておめでとうございます♪
    昨年は本当に、お世話になりました。
    本年もどうぞ宜しくお願い致します。

  16. シンシン。 より:

    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いしますm(__)m。

  17. bamboosora より:

    明けましておめでとうございます。
    昨年はたいへんお世話になりました。
    今年が Yubarimelon さんにとって素晴らしい1年でありますように。
    僕は 『 三国志=難しい 』 って感じだったんですけど、
    映画 『 レッドクリフ 』 を観てからハマってしまいましたので、
    そろそろチャレンジしてみたいと思ってます。

  18. Yubarimelon より:

    shinさん、コメントありがとうございます。
    本年もよろしくお願いします。

  19. Yubarimelon より:

    aya_rui さん、コメントありがとうございます。
    本年もよろしくお願いします。

  20. Yubarimelon より:

    シンシンさん、コメントありがとうございます。
    本年もよろしくお願いします。

  21. Yubarimelon より:

    bamboosoraさん、コメントありがとうございます。
    本年もよろしくお願いします。
    映画と同様に書籍の「三国志」も面白いと思いますよ。

error: Content is protected !!