ビリー・ザ・キッド No pardon for Billy the Kid 

米国西部開拓時代の無法者として知られる「ビリー・ザ・キッド」に、射殺されてから130年後の恩赦を認めることを検討していたニューメキシコ州のビル・リチャードソン知事は12月31日、恩赦を認めないとの決定を発表した。(2011.1.1CNN)

ビリー・ザ・キッドことウィリアム・H・ボニーは19世紀後半の米国西部、メキシコ国境付近で活動した実在のアウトローである。生前に21人を殺害したとも云われているが、様々な憶測が伝説の尾ひれとなり史実は定かではない。

1870年代後半、ニューメキシコ準州リンカーン郡は有力牧場主ら派閥と雑貨商の派閥が互いの主権を巡り激しく対立していた。77年秋、小競り合いはやがて派閥の首領殺害におよび、いわゆるリンカーン郡戦争と呼ばれる事件に発展。抗争は1年近く続き、結局合衆国騎兵隊が出動するにおよび、ようやく終結した。この時、ビリー・ザ・キッドは牧場主派の実行グループレギュレーターズに所属し、事件に大きく関わっている。

1878年9月に就任したルイス・ウォーレス新知事はリンカーン郡戦争関係者全員に恩赦を与えることを発表した。しかし、ビリーはそれ以前に殺人の逮捕状が出ていたため、対象にはならなかったという。

『ビリーは左利きだったとされる所以がこの肖像写真ですが、良く観るとベストのボタンが左右逆なのが判ります この写真は反転したものだったのです』

記憶にも新しい韓国延坪島砲撃事件後、北朝鮮を訪れて話題となったのがビル・リチャードソン前ニューメキシコ州知事であります。ビリー・ザ・キッドのファンを自称する氏が、知事就任中にビリーの死後恩赦を認めるかどうかについて検討していましたが、任期最終日の2010年12月31日に出演したニュース番組の中で、恩赦は認めないことを明らかにしました。

リンカーン郡戦争後、ビリーは再び元の無法者に戻っていて、かつての雇主であり牧場主派ナンバー1のジョン・チザムの牛をはじめとし、家畜泥棒を生業としていました。奔放で予測不能、しかも腕も立つビリーを危険人物と感じたウォーレス知事は、1879年3月に彼と秘密裡に接触したとされています。この際の会談の内容は現在も明らかにはなっていません。ですが、その数日後にビリーが仲間と共に自首してきた事、これが知事との間で恩赦が確約されたと云われている所以なのです。

あらゆる悪事に対して恩赦状をポケットに入れ、自由の身になれるとばかり思っていたビリーですが、一転拘留中に殺人罪で告訴されてしまい、裁判にかけられることになってしまいました。裁判になれば、間違いなく縛り首になる事は判っていましたから、同年6月17日に留置場から脱走。その後強盗団の勢力を拡大し、一層牛泥棒を活発化させました。しかし、1881年7月14日、業を煮やしたチザムをはじめとする牧場主達に推薦された保安官パット・ギャレットにより射殺され、ビリーは21歳の生涯を閉じています。

リチャードソン氏は番組の中で、ウォーレスが恩赦を与えた事を認めながらも、その約束が何故守られなかったかという根拠を明確に出来なかったと発言しています。つまりそこには、恩赦を反故にしてまでビリーを逮捕しなければならない、何か知られざる事実があったようだが、それを証明することが出来なかったと。

ここからはあくまで推測になりますが、ウォーレスが恩赦を利用してビリーを密告者に仕立てようとした理由には二つの説があるようです。一つはリンカーン郡戦争で摘発されている者達の裁判で有罪の決め手になるような証言が必要だったから。もう一つは、全く別の殺人事件での証人としてビリーに証言させるため。

一方大牧場主チザムは、ウォーレスが知事に就任した後、リンカーン郡戦争関係者全員の恩赦を要求しています。経済の中心が牛の売買であった当時、チザムのような有力者は、政治や司法にまで強い影響力があったのはいうまでもありません。このことから想像されるのは、当初ウォーレスはチザムの要求があっても、ビリーの証言によりリンカーン郡戦争関係者の摘発を目指していた。しかし、なんらかの政治的駆引きによって、関係者への恩赦を認め、逆に殺人罪でビリーを裁判にかけるよう方針を転換したと考えるべきでしょう。

リチャードソン氏もこの程度のことは予測していたかもしれませんが、やはり史実として明確にすることはできなかったようです。真実を明らかに出来ない以上、ウォーレスの決定、すなわち歴史を覆すことを避けたのも当然だったといえるのではないでしょうか。

それにしても、お国柄なのか、ビリー・ザ・キッドに恩赦を与えるべきだとする主張と只の殺人者だとする主張がぶつかり合い、過去にも何度か同様の問題が起こっているようです。そうした熱意にリチャードソン氏も任期中に検討する事を明言していたわけです。日本では、歴史上の犯罪者に恩赦を与える事は、中々難しいかもしれません。同じような問題がないわけではありませんから、せめて地域の首長を動かすくらいに互いの説を、曲げずに戦わせ続けてほしいものだとは思います。

さて、全くの余談になりますが、ルイス・ウォーレスはニューメキシコ準州知事時代に映画「ベン・ハー」の原作小説を書き上げています。軍人から政治家、そして名作を書き上げた小説家、なんて才能のある人なんだろうと一番驚いてしまいました。

コメント

  1. シンシン。 より:

    あけましておめでとうございます
    今年もよろしくお願いします< (_ _)>

  2. 水郷楽人 より:

    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。(^^)。。

  3. bamboosora より:

    あけましておめでとうございます。
    ご無沙汰してます。
    久しぶりにじっくり読ませていただきました。
    ありがとうございました。

  4. okin-02 より:

    新年明けましておめでとう御座います。
    本年も相変わり無くお付き合いの程宜しくお願い致します。
    訪問 nice!有難う御座いました。

  5. cjlewis より:

    あけましておめでとうございます。
    本年も興味深い記事、楽しみにしております。
    本年もよろしくお願いいたします☆

  6. Yubarimelon より:

    明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

  7. kokoa より:

    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いいたします。

  8. Yubarimelon より:

    コメントとniceを入れていただいた皆さん、ありがとうございました。
    本年もどうぞよろしくお願いします。

error: Content is protected !!