真柄十郎左衛門直隆 剛勇無双の戦国武者真柄直隆の甲冑を再現

 戦国時代、力士並みの巨体で長さ3メートルの太刀を振り回したとされる福井県越前市味真野地区の武将で朝倉氏家臣、真柄十郎左衛門の甲冑(かっちゅう)の再現に、地元グループが取り組んでいる。装着すれば、足元から兜(かぶと)の先まで含めて2メートル30センチという超特大サイズ。グループが既に作り上げた大太刀や巨大な下駄(げた)と合わせて、6月末ごろには披露する予定で、“伝説の豪傑”が現代によみがえる。(2011.02.24福井新聞)

江戸時代の儒学者山鹿素行が著した「武家事紀」に、徳川家家臣向坂六郎五郎吉政の戦功についての記述がある。そこには、元亀元年(1570)の姉川合戦において、吉政が越前国人衆真柄十郎左衛門直隆を討取った時の様子が以下のように書かれている。

十郎左衛門は五尺三寸の大太刀を振り回し、六郎五郎の親族六郎左衛門式部(吉政の子?)と槍を交えた。式部が兜の吹返しを砕かれ槍を落としたので、弟の五郎二郎が入替わり渡り合った。そこに、六郎五郎吉政が郎党の山田宗六と助太刀に入った。十郎左衛門は五郎二郎と山田宗六を切伏せたが、その隙に吉政の十文字槍で討たれ首を取られてしまった。吉政は最初に槍をつけた式部に首を取るよう云ったが、辞退したので吉政が十郎左衛門直隆の首を取ったという。

『姉川合戦図屏風に描かれた真柄十郎左衛門直隆』

史料の少ない十郎左衛門でありますが、織田信長の伝記の中では最も信憑性が高いと云われている太田牛一の「信長公記」にも、あね川合戦の章で、直隆の記述を見ることは出来ません。ただ、『真柄十郎左衛門、此の頸、青木所左衛門是れを討ちとる』という、直隆の子十郎隆基に関する一文があるのみです。それゆえ、実際に直隆と槍を交え、討取った向坂吉政の証言記録は真実に近いものといえるでしょう。

さて、記事にある真柄直隆の甲冑の再現に取り組んでいるのは、以前当blogでも紹介した太郎太刀を再現した、十郎左衛門の地元福井県越前市上真柄町の「豪傑・真柄の会」の方々であります。同会は太郎太刀完成の後に、大下駄、大わらじも再現しており、甲冑を完成させる事で真柄直隆の武具揃えの完成を見るとのことです。

記録も少なく、謎の多い人物とされる十郎左衛門ですが、数多ある戦国武将の中でも異彩を放ち、かなりのインパクトを持っているキャラクターであることは間違いありません。おそらく、今後いま以上に注目されていくのではないかと思われます。更に、その武具や太刀を再現することで、後世に語り継ごうとする地元の人達にとって、十郎左衛門直隆を誇りに思う気持ちも、一層強くなっていくことでしょう。繰り返しになりますが、こうした尊敬すべき郷土の人物を持つ方々の活動を見る度に、私はいつも賛嘆と羨望で心が満たされてしまうのです。

参考文献

「桶狭間・姉川の役」旧参謀本部編纂、「信長公記」太田牛一/桑田忠親編

関連記事

大太刀「太郎太刀」を再現 真柄直隆・隆基親子を後世に [人物](2009.4.24)

コメント

  1. bamboosora より:

    お久しぶりです。
    そちらは地震の方は大丈夫でしたか?

  2. Yubarimelon より:

    bamboosoraさん、こんにちは。
    お気遣いありがとうございます。私は関東在住ですので、直接の被害はありませんでしたが、両親は仙台新港のそばに住んでましたので被災しました。幸い無事でしたが、現在大変厳しい環境にあることから、とても心配しています。
    ですが、同様の困難に置かれている方々が大勢いると思うと、その方々の健康と、一日でも早い復興を願わざるをえません。

  3. Yubarimelonさんお久しぶりです。
    ご両親様が厳しい環境にあるとのこと、一日も早く状況が良くなりますように。
    私は仙台市宮城野区に住んでいます。
    幸い、私の家・家族・友人は無事でしたが、知ってる方が亡くなったり、家財や車が流された、などの話を日々耳にします。
    この震災で私たちは多くを失いました。
    同胞、街、産業、文化・・・毎日胸が締め付けられそうな思いです。
    そして、まだまだ予断を許さない状況。
    皆が幸せに暮らせるようになるのは、いつになるのかわからないでいます。
    だけど、これからの日本の歴史、私たちが再び築き上げていかなくてはなりませんね。

  4. Yubarimelon より:

    コメント、niceを入れていただいた皆さん、ありがとうございました。

error: Content is protected !!