楢崎頼三 白虎隊士飯沼貞吉を養育した長州藩士に新証言

幕末の戊辰戦争で自決した会津藩の白虎隊で唯一生き残った飯沼貞吉(さだきち)の孫にあたる一元(かずもと)さん(68)=東京都=が18日、貞吉を養育したとされる長州藩士の子孫松葉玲子さん(76)=同=と京都市内で初対面した。敵同士の許されざる支援にあたるためか史料がないというが、対面で松葉さんが「祖母から話を聞いた」と証言し、一元さんは「養育を裏付ける一級の証拠」と感無量の様子だった。(2011.9.18京都新聞)

長州藩士楢崎頼三は、戊辰戦争において東山道先鋒軍中隊長として各地を転戦した。会津戦争の若松城陥落後には、奥州諸藩の捕虜460余名を東京へ護送する役目も担っている。

頼三の給領地、長州小杉(現山口県美弥市)では、地元に古くから言伝えられる以下のような逸話が残されている。明治元年12月雪の降る寒い日、頼三は小杉に帰郷した。この時、乗馬する馬の轡を取る十五、六の少年を連れていた。少年は会津出身で、自分が書生として面倒をみるつもりだと、出迎えた者達に話したとされる。更に頼三は、少年のことを「サダさあ(さん)」と呼んでいたという。

会津戦争終結後、140年以上が過ぎた現在でも、未だに過去の禍根が残されている例もあるという会津と長州の人々ですが、記事にあるよう、敵方の長州で会津の少年が養育されるわけがないと頑なに考えている人がいるというのも、あながち頷ける話であります。しかし、史実としては次のような例もあったのです。

会津藩士秋月悌次郎は、若松城陥落後、坂下(現福島県河沼郡会津坂下町)に進駐していた長州藩士で千城隊参謀の奥平謙輔を訪ねています。秋月がかつて長州藩校明倫館に遊学したこともあり、二人は旧知の間柄だったのです。秋月は奥平に会津公と藩士達の行く末を頼み、更に将来のある会津藩の少年達を託したのです。奥平は少年達を赴任地の越後佐渡に連れた後、東京で学業を学ばせています。後年、陸軍大佐となった小川亮と東京帝国大学総長を務めた山川健次郎が、この時の少年達でした。平成7年、会津若松市市長が萩市を訪れた際、奥平謙輔の墓参りをしたことが記事になったのは記憶に新しいところです。

話を元に戻しますと、上記した逸話には続きがあります。小杉の人達が、頼三の凱旋にもうけた祝宴の席で、酔った一人が「サダさあ」に、「お前ものう、戦争に負けて来たんじゃからのう、さあ、呑め、呑め」と云ってしまいました。少年は、急に顔色を変え自害しようとしたそうです。驚いた頼三とその妻が少年を宥め、諭したされています。以上の話は、当時楢崎家で女中をしていた方の孫にあたる久保フユヨさんが、祖母から何度となく聞かされたということです。

楢崎頼三が長州に連れ帰り、養育した「サダさあ」が、蘇生した白虎隊士中二番隊士飯沼貞吉であったのかどうかは定かではありません。それは、これまで楢崎家の女中が残したこの話だけが、唯一のものだったからです。頼三は、明治3年10月、兵部省の命によりフランスへ留学し、当地で結核を患い明治8年2月17日に帰らぬ人となっています。貞吉自身も、存命中に長州で養育されていたということは一言も口にしていませんでしたので、この話が真実であるならば、頼三が貞吉を長州に連れ帰った経緯や、仲介に当たった者は誰だったのか等、全ては歴史の影に隠されてしまったということになるでしょう。ただし、貞吉が名を貞雄と改名し、静岡の学問所に入学したのが明治3年ですから、それまでの約2年間を楢崎家で養育されていたのではないかと、推測することは可能であります。(1)

記事にあるよう、楢崎頼三の子孫の方が「サダさあ」を飯沼貞吉であったと証言したことで、一つの推測が限りなく真実に近づいた感があります。それは会津の人にとって、敗者に対して温情を与える武士の摂理を持った人物が敵方にもいたことを再認識することとなるでしょうし、更には近年一部ではありますが、友好を築きつつある両者の関係にも一層拍車が掛かることともなるでしょう。ぜひ、そうなってほしいと、私自身も思っています。

(1)あくまで推測になりますが、生前に飯沼貞吉は、長州で楢崎頼三に養育されていたことを誰にも話せなかった、あるいは話難かったのではないでしょうか。会津と長州の不幸な関係がそうさせたことは云うまでもありませんが、貞吉がそれまで行った蘇生直後に関する数度の証言でさえ、自分だけが生き残ってしまったという身の置場のない想いが、証言を変化させていることからも想像するに難くはありません。

なお、飯沼貞吉の子孫でおられる飯沼一元氏は、以下のサイトで「会津戦争後の飯沼貞吉」という
タイトルで記事を連載されております。

繁昌亭まんねん/歴史庵

参考文献

「長州奇兵隊」一坂太郎

関連記事

会津藩 戊辰のわだかまりは氷解するのか?鹿児島民俗学会との合同発表会 [史実](2009.6.7)

飯沼貞吉 蘇生した白虎隊士の子孫が会津を墓参 [人物](2009.4.27)

コメント

  1. Yubarimelon より:

    記事を最後まで読んでいただいた皆さん、ありがとうございます。

error: Content is protected !!