宇和島さんさ 仙台藩への意地と伊達侍の心意気から生まれた民謡を後世に

宇和島市の伝統芸能「宇和島さんさ踊り」を後世につなごうと、継承者育成講座が19日、同市住吉町1丁目の市総合福祉センターで始まった。宇和島さんさ普及会の宮川和扇会長(82)が、公募市民25人に礼法や足さばき、手の使い方などを丁寧に伝授した。 (2011.10.20愛媛新聞)

宇和島藩初代藩主伊達秀宗公は仙台藩祖政宗公と側室の間に生まれた長男であったが、時の天下人豊臣秀吉の猶子として幼少を過ごしたこともあり、徳川政権時に伊予宇和島十万石を仙台伊達家の支藩ではなく、国持大名として起こすこととなった。しかし、仙台藩ではことあるごとく、宇和島藩を見下す扱いをしていたようで揉め事が絶えなかったという。

第五代藩主伊達村候(むらとき)公は、享保の大飢饉(1732年)の際に藩政改革を実行し、領民を救済した藩中興の祖とされている人物である。ところが、その治世の寛延二年(1749年)、仙台藩とのトラブルはついに表面化し、幕府が調停に乗り出すことになってしまった。

そもそも、幕府が調停を行うことになったのは、仙台藩藩主伊達宗村公が村候公を訴えたのがはじまりです。その理由というのが、宇和島伊達家が本家をないがしろにしているというものでした。秀宗公以来、相も変わらない仙台藩の末家扱いではありましたが、老中首座堀田正亮と高家堀川広益は仙台伊達家を「家元」、宇和島伊達家を「家分れ」とする調停案を出し、両藩は同年中に和解に達しました。ですが、これはあくまで表向きに過ぎなかったようです。(1)

かなり前置きが長くなってしまいましたが、民謡「宇和島さんさ」はこの調停中の寛延ニ年に江戸で両藩の藩士達が酒席で顔を合わせた時に生まれたとされています。言い伝えによる宇和島さんさ誕生の瞬間は以下のようだったのではないでしょうか。

「本末争い」という、藩主が先立って起こした裁判ですから、いくら酒席とはいえ、その家臣達が仲良くお酒を酌み交わせたものではなかったでありましょう。一触即発さながら気まずい空気が流れる中、大藩で本家筋というプライド高き仙台藩士らは、酒に興じてお国自慢を始めたようです。陸奥国62万石、自慢出来るものはそれは数多くあります。しかし、どんなに鼻高々と自慢話をしてみても宇和島藩士の座には白けた気配しかありません。それもそのはず、藩祖秀宗公の入府時、家臣団のみならず、商人や職人達も一緒に奥州から移ってきたわけで、伊予宇和島には仙台の文化がそっくりそのまま流入していたのです。蒲鉾や鹿踊り(ししおどり)、青竹に願事をする七夕祭りまであるのですから。それは自分のとこにもあると、逆にやり込められてしまう始末です。これには仙台藩士らも頭をひねらざるを得ません。仙台にあって宇和島にないものはないのかと思案したあげく、そう、「さんさ時雨」があるじゃないかと。(2)

「さんさ時雨」は、天正十七年(1589年)政宗公が磐梯山の麓(現福島県磐梯町~猪苗代町)、いわゆる摺上原の戦いで蘆名義広を敗走させ、名実ともに南奥州の覇者となった合戦で、その直後の興奮冷めやらぬ伊達家中の兵によって生まれたとされている宮城、岩手の旧仙台藩領に伝わる民謡です。もっとも、これは俗説であったというのが最近の定説ですが、歌詞の内容からおめでたい席や、結婚式で現在も謡われることがあるようです。私も子供の頃、亡くなった祖父がラジカセで良く聞いていたのを憶えています。「さんさ時雨」の由来については後日機会があればとして、この民謡が宮城、岩手の人にとって、とても大切な文化遺産であることは間違いありません。

さて、どうだと云わんばかりに「さんさ時雨」を合唱した仙台藩士らに対して、これは困ったという宇和島藩士達でしたが、そこは同苗別家の伊達侍です。意地を張られたら、張り返さなくては気が済みません。お庭番である吉田万助が進み出て、即興で謡い出しました。

 竹に雀の 仙台様も ションガイナ  今じゃこなたと エエ~諸共にヨ  
 しかと誓いし 宇和島武士は ションガイナ  死ぬも生きるも エエ~諸共にヨ  
 君は小鼓 身どもが謡 ションガイナ  締めつ緩めつ  エエ~諸共にヨ  
 傘を忘れた 旅路の時雨 ションガイナ  雨に濡れたは  エエ~諸共にヨ
 

  この素晴らしい唄に最初仙台藩士はおろか、宇和島藩士でさえ言葉が出なかったのではと思います。ですが、最後には仙台藩家中を尻目に手拍子で合唱していたに違いありません。以降、この「宇和島さんさ」は宇和島藩士達の勇気を鼓舞する唄として、今日も謡い継がれています。

 それにしても、即興で謡った万助は本当に大した者です。それだけでなく、実にウイットに富んだ人物だったのではと想像できます。この「宇和島さんさ」は、決して「さんさ時雨」の替歌というわけではありません。メロディは瀬戸内の漁師達の歌を元にしているそうです。更に、詩を読んでいただければ判ると思いますが、仙台藩士達を挑発するというものではなく、むしろその逆で、我々は皆元々同じ伊達侍なんだから、一緒に上手くやっていこうよ、と語りかける曲になっているのです。

後に出された幕府の曖昧な裁決では、結局両家にシコリを残すことになってしまいました。しかし、この曲を聴かされた時の仙台藩家臣達はどのように思ったことでしょう。プライドが高く、意地っ張り、新しモノ好きで、土地外の者には最初は中々打ち解けない仙台人の気質ではありますが、一度親しくなれば実に親身になってくれる東北独自の暖かさも持ち合わせています。中には熱いものがこみ上げてきた藩士もいたのではないでしょうか。(3)

記事にある踊りの由来に関しては、戦後のお祭りの中で始められ、様々な流派があるということです。大切な文化をぜひ途絶えることなく後世に伝えていってほしいものです。なお、YouTubeで「さんさ時雨」、「宇和島さんさ」を聞くことが可能です。聞き比べてみるのも面白いと思います。

(1)「陽ニ親シク交ワリ給ウトイへドモ、陰ニハ互イニ睦マジカラズ」(忠山公治家記録)

(2)秀宗公が入府した際、仙台から連れてきた蒲鉾職人が伝えた宇和島の郷土料理はじゃこ天というそうです。仙台の笹かまぼこは成型した魚類のすり身を焼いたものですが、じゃこ天は油で揚げたものです。

(3)仙台市と宇和島市は昭和50年に歴史姉妹都市提携を結んでいます。

関連記事

伊達秀宗と邦直 伊達家の縁で愛媛宇和島市と北海道当別町が姉妹都市へ [人物](2009.7.6)

error: Content is protected !!