長沢鼎 13歳で国禁を犯し密航した薩摩スチューデントの日記が発見される

いちき串木野市の羽島から幕末の1865年、薩摩藩英国留学生として密航し、アメリカでワイン醸造会社の経営に成功した長沢鼎〔かなえ〕(1852~1934年)の雑記帳と日記がカリフォルニア州で見つかった。(2012.1.15南日本新聞)

長澤鼎(1852-1934)は薩摩藩天文方の家に生まれ、藩校開成所で優秀な成績を修めたことで元治二年(1865年)の薩摩藩英国留学生に最年少の13歳で選抜された。英国での修学を経て1867年に同留学生吉田巳ニ(清成)、鮫島誠蔵(尚信)、森金之丞(有礼)、松村淳蔵、畠山丈之助(義成)らと共に米国人伝道師トマス・レーク・ハリスの下へ旅立った。

彼らは藩命によって送り出されたとはいえ、当時の国禁を破っての渡航だったため全員が変名を使っての留学であった。長澤も磯永彦輔が本名であるが、二度とその名を使うことはなく留学生で唯一人故国の地を再び踏むこともなかった。

PC070063.JPG

『九州新幹線で鹿児島の地に降りると、最初に出迎えてくれるのが薩摩藩英国留学生の銅像「若き薩摩の群像」です。長澤鼎の像は下段右から二人目の椅子に腰掛けている少年。』(1)

西郷隆盛、大久保利通ら幕末・明治の偉人が生まれ育った鹿児島市加治屋町、この甲突川沿いに建つのが維新ふるさと館です。そして、その地下体感ホールで上演されている薩摩藩英国留学生を描いたドラマが「薩摩スチューデント、西へ」であります。国禁を犯して英国への留学に出発する若き藩士達がはじめて体験する異国との出会いの中で、驚きと感動、故国への憂いを経て自分達が新しい日本の国づくりをしていかなければならないという決意をかためるまでが描かれています。

敬愛する西郷さんの生誕地に隣接する維新館で気持ちが高揚していたのか、私はこのミニドラマを見て熱いものを堪えることが出来ませんでした。その15人の留学生の中の一人長澤鼎はドラマの中では主役の一人となっています。最年少ということもあり、古い習慣や仕来りに固執せず新しいものを積極的に吸収しようとする姿勢が、攘夷という観念に拘り異国に対し拒否反応する先輩らを感化するという役であります。もちろん、あくまでドラマの話ではありましょうが、父母の下を離れ、生きて帰れるかもわからない遠い国へ旅立つ不安より、見知らぬ世界で自らを研鑽したいという希望の方がはるかに強かったことは後の長澤鼎の行動を見ても明らかでしょう。彼が代々天文方という洋学者の家系に生まれ育ったことも大きく起因していたのは云うまでもありません。

今回発見された史料は2013年度に鹿児島県いちき串木野市に開館予定している薩摩藩英国留学生記念館に収蔵公開されるそうです。当時薩摩藩領内串木野村羽島の浦と呼ばれた小さな漁村から、彼らはグラヴァー商会の蒸気船オースタライエン号に乗込み英国を目指したのです。

鹿児島を旅行した後、私の心はいつか再び訪れたいという気持でいっぱいになっていました。まだ周りきれていない場所があるということもありましょうが、風光明媚な景観や、魅力的な史跡、おいしい食べ物。何より、飾ることなく薩摩という風土を前面に押し出した人々の魅力に惹かれました。仮に再び訪れることができるのであれば、いちき串木野市の記念館は間違いなく見学することになるでしょう。

(1)英国に密航したのは使節4名と留学生15名でした。銅像には土佐藩出身で参政吉田東洋を暗殺した高見弥一(大石団蔵)と長崎出身で使節の通詞を務めた堀孝之が含まれていません。高見は土佐脱藩後正式に薩摩藩士となり学問が優秀であったので留学生に選抜された一人です。堀は使節の五代才助が長崎で遊学中に知り合い、英国への留学生派遣を藩に提言した五代により推薦されています。

error: Content is protected !!