黒田の家臣 寺田屋事件後、薩摩から見捨てられた志士達の150年法要

幕末に京都で起きた薩摩藩の内紛「寺田屋騒動」に絡み、薩摩への護送中に惨殺された志士3人が眠る日向市細島の陸繋島(りくけいとう)で4日、供養が始まって150年の記念祭が開かれた。3人の子孫らが初めて一堂に会し、地元の人たちと歴史に思いをはせた。(2012.5.5毎日jp)

150年前の今日文久二年四月二十三日(1862.5.21)、薩摩藩士を中心とした尊攘過激派50数名は幕府と協調路線の関白九条尚忠と京都所司代酒井忠義を襲撃しようとしていた。しかし、伏見寺田屋にて上洛中の島津久光により説得、粛清された。

投降した久留米藩真木和泉守、土佐藩吉村虎太郎ら藩籍を持つ者は各藩に引き渡され、薩摩藩士は船で国許に送還されることになった。浪人であった田中河内介、養子左馬介、甥の千葉郁太郎らも身柄を薩藩で預かることとなり、藩士らと同じ船に乗船した。理由は不明だが、筑前秋月藩士海賀宮門も同乗した。小藩ゆえ京阪に藩吏が来ていなかったからとする説もある。

一行は日向細島港で船を降り、そこから陸路を鹿児島まで行く予定だと聞かされていた。しかし田中父子はその途上で斬られ、遺体は海に投げ捨てられた。目付役は河内介の同志である薩藩士に二人を斬るよう命じたという。彼らは当然これを拒否したが、藩命であると云われれば従わざるをえなかった。くじで特に河内介と親しくしていた柴山龍五郎が当たったが、苦渋している兄を見かねた弟是枝万助が代わりに父子を斬った。因果関係はわからないが、後に万助は気がふれ生涯を廃人で終えている。

一方、千葉、中村、海賀三名は日向細島斬られている。田中父子殺害という薩藩の不信義に対して詰め寄ったためという説、また二人とは別の船に乗船していたためともいわれている。どちらにしても、秋月藩士である海賀を除く全員が最初から船中で殺害される予定であったことは間違いない。

この事件は、薩摩藩の幕末維新史における最大の汚点である

鹿児島出身の歴史作家海音寺潮五郎はこのように嘆き、寺田屋事件には同志相伐つ悲惨さはあっても、そこには封建的壮烈美が残ったが、陰湿陰険さだけが残るこの事件には島津久光という人物とその側近たちの性格がそのまま反映されていると書いている。側近の一人である大久保一蔵さえもその責任を免れることは出来ないと。

田中河内介は大納言中山忠能の家士であったため、中山家で誕生された明治天皇の傅役を務めたこともあった。天皇は河内介の最後を聞かされていなかったため、後年志士から明治政府の大官となった人たちの宴で河内介のことを懐かしがったという。この時豊後岡藩出身の小河一敏が田中父子らが薩摩藩により殺害された経緯を話し、当時事件に関わっていたのは大久保利通内務卿であることを言上した。居合わせた大久保は一言の反駁も出来なかったという。(1)

私ニ天朝ノ人ヲ殺サレ候儀 実ニ遺恨ノ事ニゴザ候 モウハ我勤皇ノ二字相唱エ候儀出来申スマジク 此儀ヲモシヤ朝廷ヨリ御問掛ケ相成候ワバ 如何御答相成候モノニゴザ候ヤ トント是限リノ芝居ニテ モウハ見物人モコレ有ルマジト相考申候

これは二度目の遠島の刑を受けた西郷吉之助が同年六月下旬に大島でお世話になった見聞役の木場伝内へ宛てたとても長い答書の中の一文である。田中河内介を殺害した件に関して、藩を痛烈に批判する内容を書いています。久光公上洛に先立ち、村田新八と共に九州の情勢を探り下関で公と合流するよう命ぜられていましたが、同地で安政五年に僧月照と入水したあの夜以来の再会を果たした平野國臣から、これを機に倒幕に踏み切ろうという決死の志士達が京阪に集結していることを聞き、「私死地ニ入ラズ候テハ死地ノ兵ヲ救ウ事出来申スマジ」と、翌日大阪へ向い激派の慰撫に努めます。しかし、下関に着いた久光公は命令に背いた西郷に激怒し、徳之島へ再び遠島を申し渡した。(2)

西郷が京阪に留まっていたら、果たして寺田屋事件は起きず田中父子ら5人も殺害されることはなかったのであろうか?明らかにされている史料から、実は西郷も久光公が京に入ればことは一気に倒幕まで進むかもしれないと考えていたようなふしがあります。ただ、伸るか反るかは状況次第だったのでしょう。平野に、「共に戦死しましょう」と云ったのはこの事を示唆しているようですし、血気逸る薩摩の若者に軽挙を諌めているのも機が熟せば自分と共に立てばよいと説得していたからだと思えます。寺田屋で首領格であった有馬新七はそれこそ藩命より前の青蓮院宮朝彦親王の命を重じていましたが、少なくともあれほど大きな騒動にはならなかったような気がします。更に月照の前例もありますから、朝廷に縁のある田中河内介をむざむざ殺させるようなことは決してしなかったと思います。

幕領であった細島で発見された海賀宮門ら三名の亡がらは代官が検視し、地元の漁師が荼毘に付したそうです。一方、小豆島(現香川県)に流れ着いた田中父子も当地で手厚く葬られ、現在細島の三志士の墓の横に父子の慰霊碑が建てられ、墓所は県の史跡に指定されてるそうです。それゆえ、当地の方々の時代を超えて続く善意がなければ、事件そのものも風化していたかもしれません。

道半ばで倒れた草莽の志士たちも、西郷や大久保ら英傑と同じ大きさの志を持っていたことは間違いありません。今の時代、そんな彼らこそ光が当てられるべきではないかと私は思います。

(1)小河弥右衛門一敏も島津久光の上洛を機に20人の同士を引き連れ挙兵を図ったが、寺田屋事件で挫折した一人である。田中河内介とは以前から尊王を談じあう仲であった。上洛前に小河は下関で船待ちをしている間初めて西郷に会い、その印象を「サテモ斯ル勇夫大胆ノ人今ノ世ニコレ有ルトハ思イモヨラザル程ノ人ニゴザ候 極メテ大事ヲナス人ト存候」と心酔した様子を郷里の同士に書き送っている。寺田屋事件、田中父子の殺害、明治6年の政変において西郷を失脚させたことなど、大久保に対して心中ひそかに思うところがあったに違いない。

(2)田中河内介や清河八郎といった暴挙の主導者には会っていないが、彼を慕う若い者達が軽はずみな行動に出ないよう努めていたのは間違いありません。しかし、西郷を良く思わない久光の側近ら有村俊斎や伊地知貞馨らの讒言のため、大久保が事の事実を報告しても公の怒りが解けることはなかった。

error: Content is protected !!