もう一つの「のぼうの城」 由良家を存続させた甲斐姫の祖母妙印尼輝子

公開中の映画「のぼうの城」は天正十八年(1590年)、豊臣秀吉の小田原攻めの一環として進められた支城攻略を史実を基に描いた物語である。後北条氏は関八州に配置した支城と伝馬宿を蜘蛛の巣のように張り巡らし、情報伝達と兵力の迅速な移動を可能にし、これを領国防衛の基本とした。

武州忍城の成田氏は北条家臣団の中では土地に根付いた他国衆(外様)に位置づけられるが、城主氏長は北条家より「氏」の一字を与えられ、一門同等に遇せられていた。かつて信玄、謙信と北条氏康が関東の覇権を争っていた当時、こうした土着豪族は風向き次第で自家存続の道を自由に切り開いていたが、武田が滅び、上杉も豊臣家に組み入れられた昨今の情勢から、領内の城主らは大半が北条家に組みせざるを得なかった。

小田原攻めに際して、これら外様である他国衆の城主達は小田原城に参陣したが、これは同時に人質として集められたものでもあった。物語のヒロインである甲斐姫の祖母妙印尼は、上州新田の領主であり嫡男由良国繁と弟長尾顕長が小田原城で籠城していたが、一族存続のため、老骨に鞭打って北条に反旗をひるがえした。

輝子の夫、由良成繁は新田金山城と桐生柄杓山城を領した北関東の有力武将であった。夫の死後、輝子は剃髪して妙印尼と称した。この頃の関八州の勢力図は上記したように北条氏一色であった。しかし、由良氏は信長に安土城完成に祝いの品を贈り、信玄の葬儀に出席するなど巧な外交を演じて見せたが、北条氏への臣従は一貫して拒み続けた。(1)

上州新田の領地が北条の領土の最北に位置していたこともあって、成繁亡き後の領主国繁は金山城に、弟長尾顕長が館林城に入り、近隣の桐生、足利も切取りその版図を最大に拡げていた。この由良氏の勢いが小田原の北条氏政、氏直親子にとって快いものであったはずはない。

『由良家伝記』によると、天正十二年北条親子は茶会を名目に国繁、顕長兄弟を上野厩橋城に招き、これを捕らえてしまった。領主のいない家臣団に突きつけられた要求は領内からの退去であった。将たる兄弟が揃って敵陣に出向く事は決してならぬという亡き成繁の遺言があったにもかかわらず、これを破った息子たちを詰った母妙印尼であったが、新田義貞の末裔を称する由良家を重んじ、北条の申し出を突っぱねたのは言うまでもない。領する四つの城の家臣団を金山城に集め、自ら陣頭指揮を取り北条軍を迎え撃った。(2)

この時の妙印尼は緋縅の鎧に白柄の長刀を横たえて、櫓の上から敵将北条安房守氏邦の首を討ち取るよう激を飛ばしたという。なお、北条軍を先導しの案内役を務めたのは、かつては婿として縁戚であった成田氏長である。

天然の要害である金山城は幾度かの寄手の猛攻を跳ね返した。北条方も死傷者が多数出たため、遠巻きに城を囲むだけで日を重ねることになった。これを見かねた由良家菩提寺金竜寺と長尾家菩提寺長林寺の和尚二人が調停を申し出た。妙印尼としては人質となっている兄弟が無事生還することが第一条件であったことは言うまでもない。北条氏邦も両和尚の申出を受入れ、兄弟を帰城させる条件として金山、館林城を没収してしまった。

そして、天正十七年北条氏政は小田原籠城のため、三百余騎と共に参陣するよう他国衆の城主に命じた。国繁、顕長兄弟も参陣せざるを得なかった。一方、妙印尼は77歳の老齢でありながら、嫡孫貞繁(十歳)の後見として出陣し、西上野松井田城主大道寺政繁を攻める前田利家、上杉景勝の北国軍に加勢した。この時、彼女が関白秀吉の力をどの程度把握していたかは確かではないが、当時の武家の慣習として両陣営で働くことで一族の存続を狙ったことは間違いない。松井田城攻略で功を上げた妙印尼は秀吉から感状を送られている。

以上 新田身上ノ事 ウエサマ御マヘ 無之別条ヤウニ 精ヲイレ馳走 申ヘク候 我々タシカニ請乞申候 ユクユクマデモ疎意 アルマジク候間可御 心安候カシコ チクゼンノ守 トシ家 六月七日 新田御老母ヘ マゐル

この妙印尼の働きによって、国繁は常陸牛久(現茨城県牛久市)五千石への国替だけで罪を許された。由良氏は徳川家の治世寛文元年(1661年)、内裏が火災に見舞われた際、女院御所を造営した功により高家に列せられ家名を存続させている。

妙印尼輝子は国繁と共に牛久へ移り、文禄三年(1594年)11月6日病没した。御年81歳、法名得月院殿月海妙印大姉。牛久沼の辺、自らの庵得月院に葬られている。

後に秀吉の側室に迎入れられた程の美貌と武技や馬術にも長けた甲斐姫であるが、どこか伝説めいた脚色に彩られた印象が強い。しかし、この祖母の血筋と言われれば、なるほど納得せざるを得ない。

(1)天正元年(1573年)、由良成繁は成田氏との関係悪化に伴い、娘である氏長の最初の正妻を離縁させている。「氏」の一字を与えられるほどの成田氏と北条氏の深い関係が原因であったと考えられる。一方、地元埼玉県行田市では氏長と甲斐姫の生母である成繁の娘が最後まで相思相愛であったという言伝えが残されている。姫は、その後養母に育てられたという。

(2) 「石川忠総留書」によると、国繁、顕長兄弟が幽閉された理由を北条氏直が金山、館林城の借用を申出たところ、兄弟は了承したが、妙印尼がこれを拒否し籠城したためとしている。

関連記事

桐生大炊介祐綱 [人物](2008.10.31)

error: .