矢頭右衛門七教兼 困窮に耐え亡父の胴鎧で本懐を遂げた美貌の義士

赤穂四十七士の中で、大石主税に次ぐ若さの十七歳で討入りを果たした矢頭右衛門七をテーマにした企画展が、12月に群馬県前橋市で開かれる。当地である前橋松平藩で右衛門七の実母は身を寄せ没し、市内の大連寺には墓も残っている縁から地元の史家たちが企画したという。

元禄十四年(1701年)三月、江戸城松の廊下で浅野内匠頭が刃傷を起した際、右衛門七教兼はまだ部屋住の無禄であった。父長助教照は中小姓・勘定方で大石内蔵助を補佐し、赤穂城開城後の残務整理に当り、藩財源であった塩田浜方の処理も行っている。(1)

長助は過労からか病に倒れ、翌年一月の山科会議には右衛門七を代理で出席させた。義挙への参加という願いも虚しく、同年八月に大阪で病没。すでに自らの死を悟っていたため、自分の代わりに息子に討入参加を託し、母るいもそれを強く勧めたようだ。内蔵助は当初、右衛門七の若さと残される母と妹たちを気遣い加盟を許さなかったが、不変の決意をくみ同士に加えた。

討ち入り後、細川越中守に預けられた赤穂浪士17人から聞き書きした『堀内伝右衛門覚書』に、右衛門七の母と妹を同志たちが金を工面し赤穂の知人に預けたことが記されている。

確かに右衛門七が金銭に苦労していたのは間違いないようだが、江戸上府の旅費や生活費の扶助などは、内蔵助がみていたことが記録に残っている。後世義士贔屓で話が誇張し伝えられ、困窮した若き義士というイメージがそのまま小説やドラマで取り扱われているのが現状である。ただし、越前松平大和守の家臣であった叔父の元に母と妹を送り届けようとしたが、女人手形の不備で関所を通れず大阪へ引き返したというのは事実のようだ。(2)

討入り当夜、右衛門七は表門屋外組に属し、槍を得物に奮戦したという。実は吉良邸での四十七士らの働きに関して記録はほとんどない。功名の大小は最初から全て公平というように示し合わせ、その後も進んで話そうとはしなかったからだ。そのため、上野介の首を挙げた武林唯七と間十次郎も、後に堀内伝右衛門に本人が語ったことで判明したことなのだ。(3)

もちろん、右衛門七に関しても詳しい記録は残っていない。しかし、上杉家家臣大熊弥一右衛門が討入直後に吉良邸で聞取りした『大河原文書』の中に少しだけ触れられている箇所がある。以下の文章は、以前吉良義周の小姓山吉新八郎が近松勘六を池の中に切伏せた件を記事にした際に紹介したものだ。「内ヘ入リ候エバ敵三人ニテ戦イ 一人ヲ池ノ内へ切リ伏セ 一人ハ縁際ニテ切伏候トコロヲ後ヨリ槍ニテ突キ候トコロヲ白刃トリヨケ候処又一人来リ(略)」。この縁際で切伏せられたのが右衛門七で、後ろから槍で突いてきたのが間十次郎だったことが判明している。

右衛門七は父の遺品である腹巻鎧を身に付けてあったおかげで、大した怪我も負わなかったのであろう。蓄えが底を突き、一度は質に入れてしまったものだったが、志を引き継いだ息子の役に立ったことで亡き長助も満足したのではないだろうか。

なお、その後妹は越前松平家家臣に嫁いだため、母るいは共に白河へ行き、播州姫路をはさみ、五代藩主松平朝矩の治世寛延二年(1749年)、上野前橋転封に伴い当地に移り八十五年の生涯を終えている。

最後に余談ではあるが、 右衛門七は大石主税に次ぐ若さで、その上女性のような美しい容姿だったと伝えられる。十二月十五日に一党が泉岳寺に引き上げた際、浪士の中に女が混じっていると坊さん達が騒ぎ出し、右衛門七の周りに集まっては愛でもてはやしたという。右衛門七も自分がどのように見られているか解らないわけではない。身体を温めるために酒も入っていたせいもあり、いかにも恥ずかしそうに顔を赤らめ一層娘子のようであったとされている。そんな言い伝えもあるせいか、ドラマ「忠臣蔵」では、右衛門七役はその時々の人気若手俳優に演じさせるのが定番となっている。(4)

(1)大石内蔵助が討入り前に瑤泉院に残した『預置候金銀請払帳』(箱根神社蔵)は、長助が内蔵助の命により書き留めていたものである。長助は岡野金右衛門の父包住、萱野三平、そして、橋本平左衛門と共に中折の四士と呼ばれている。

(2)(1)と同じく『預置候金銀請払帳』より。

(3)同じ表門屋外組は近松勘六(槍)、早水藤左衛(弓)、間十次郎(槍)、大高源五(野太刀)、神崎与五郎(弓)。

不破数右衛門がもっとも働いたとする四十七士の証言が残っている。

(4)「三田村鳶魚全集第十六巻」249p、「正史忠臣蔵」福島四郎 256p。

右衛門七を演じた俳優はテレビドラマに限ってみると、舟木一夫(64年)、田村正和(71年)、小坂まさる*(75年)、野村義男*(82年)、新田純一(85年)、三好圭一*(87年)、的場浩司(90年)、市川染五郎(91年)、吉岡秀隆(91年)、内海光司*(94年)、山本耕史(96年)、増島愛浩(99年)、今井翼*(99年)、尾上寛之(03年)、富田翔(04年)〈以上敬称略〉、と錚々たる顔ぶれです。当時こそ駆け出しのアイドルであったかもしれませんが、将来を嘱望される若手俳優が選ばれているのは間違いないでしょう。また、やはりというべきかジャニーズ(*印)の方が多くキャストされてるのも特徴です。ドラマの右衛門七は四十七士の中で吉田忠左衛門や堀部安兵衛のようにレギュラーというわけではありませんが、配役が付く作品では注目度の高い役柄に位置づけられていると云えそうです。

この記事は上毛新聞2013年7月16日版を元に書いたものである。

タグ検索:元禄赤穂事件

*文章の転載は厳禁とします。

error: Content is protected !!